快感のメカニズム

人間の脳には快感を感じる組織と快感神経があります。快感を感じる組織は主に視床下部周辺に存在し、快感神経(ドーパミン作動性A10神経)がその中枢を貫通し、前頭葉へ至る形をとっています。ここで重要なことは、快感を感じる部位が、食欲、性欲、体温調節 水分調節、攻撃性等を行う中枢が密集している、視床下部ということであり、また、視床下部は自律神経の中枢でもあるということです。

ホメオシタシスとは生体を維持するため、体内の環境を一定に保とうとする働きであるが(体温、血中ブドウ糖濃度、酸素濃度、塩分濃度、水分、等生体を維持するため必要な環境になるように保つ)、このホメオシタシスは快感に大きく関係している。 それは、どうゆう事かと言えば、体内に必要な要素が不足した状態に、必要な要素が供給されると、大きな満足感や快感を感じる(快感神経の興奮)。 ところが、現在、必要な要素が満たされたいる場合に、同じ要素が供給されても、満足感や快感が生じず、過剰供給されれば、逆に苦痛が生じるということである。 例えば、お腹が空いたときに、食事を食べれば、満足感や美味しいという快感が生じる、ところが、お腹いっぱいになれば、食べるのが苦しくなる。お腹一杯なの更に食べようとすれば、苦痛である。 もう一つ、わかりやすい例をあげると、暑いときのクーラーや寒いときの暖房は私たちにとって、暖かいという快感を与えてくれる。ところがどうだろう。クーラーの効き過ぎや暖房の効きすぎは、かえって苦痛である。 このように、視床下部では、その本人が意識しなくても、自動的、無意識に欲求の発現を行っており、ホメオシタシスと欲求、そして快感には大きな関係があると言われています。

以上から判るとおり、快感は生体に必要な要素が不足した状態で、必要とされる物質や要素が供給された場合に大きな快感を生じると言える。実を言うと、もう一つの快感要素もある。それは生体にとって必要でないものや有毒物を体外排出するときにも、同様に快感が生じるようである。これは、性欲求等に代表されると思われる。

 もっと気持ち良くなりたい

快感はわたしたちを夢中にさせ、時にはその追求が、わたしたちの社会的関係も左右する。いったい快感とは何なのだろうか? その謎にローマの科学フェスティヴァルのゲストとなった神経科学者デイヴィッド・リンデンが答えた。 快感は、わたしたち誰もが体験する感覚である。しかし、快感が何なのかを正確に定義できる人はごくわずかだろう。快感とは何なのだろうか? 快感の追求が、直接的にわたしたちの生活やわたしたちの幸福と関係していて、時には強迫観念や妄想となってしまうことがあるのはなぜだろうか? デイヴィッド・リンデンはこの快感の実体についてWIRED.itに語った。リンデンはアメリカの神経生理学者、ボルティモアのジョンズ・ホプキンズ大学の教員で、『快感回路(The Compass of Pleasure)』というエッセーの著者である。彼は、1月19日にローマの音楽ホールで、幸福を主なテーマとして、科学フェスティヴァルの公開講演を行った。

最も難しい質問から始めましょう。快感とは何ですか? そもそも快感とは、何を指して言っているのでしょうか?
生物学的観点から言うと、非常に特別な現象です。ある種の行動や物質は、脳の中の内側前脳快楽回路(Medial Forebrain Pleasure Circuit:MFPC)と呼ばれる領域にあるニューロンのグループを活性化させます。これは、互いに連携している領域で、腹側被蓋野や側坐核のような、神経伝達物質ドーパミンに決定的に依存した構造を含んでいます。
わたしたちが非常にお腹をすかせていて、誰かが食べ物を持ってきてくれると仮定しましょう。もし、最初の一口を食べるときにわたしたちの脳をスキャンすると、MFPCが強く活性化することがわかるでしょう。しかし食べ続けていくと、おそらく最後の一口は、おいしいけれども、最初の一口と決して同じ味ではないことに気づくでしょう。
MFPCの活性化の度合いは、時間とともに減少します。快感が主観的な認識である証です。同じようにMFPCは、わたしたちの好きな料理が出てくると強く活性化するでしょう。そして、もしわたしたちがお腹をすかせていなければ、その度合いは少し弱くなるし、もし食べ物がわたしたちの気に入らないものなら、なんとまったく活性化しません。
いずれにせよMFPCは、食事だけでなく、快感に関するあらゆるさまざまな体験において活性化します。例えばオーガズムの際には、男性か女性か、同性愛者か異性愛者かにかかわらず、活性化は誰にでも同じように起こります。
また、アルコールやニコチンを摂取したあとも同じです。MFPCに何が起こるかを観察することで、中毒をもたらすドラッグを正確に予測することができます。LSDやメスカリンのように、この領域を活性化させない薬物は、中毒をもたらすことはありません。それ以外は中毒になります。

では、なぜわたしたちはこれほど快感に夢中になるのでしょうか?
快感は、進化上非常に深いルーツをもっています。快感を感じるのは人間や霊長類だけではありません。わたしたちよりもずっと古いものなのです。ヘビやトカゲや、なんと地中に住む小さなミミズのように、脳をもたない小さな生き物にも快感回路は存在します。
この生き物がある種のバクテリアを食べるとき、ドーパミン放出のメカニズムが活性化します。非常に初歩的な一種の快感です。快感の刺激は、食べること、飲むこと、交配すること、つまり生き残るのに本質的なことへとわたしたちを動機づけるために存在しています。
興味深いのは、進化とともに、わたしたちが快感を得るために人工的なメカニズムを発明したことです。しかしこの場合も、それは人類だけではありません。エチオピアには、コーヒーの実を食べる動物が生息しています。カフェインが、快感の感覚を呼び起こすことを学んだからです。アルコールを摂取するために発酵した果実を食べたり、大麻を食べる種もいます。
さらに、身体運動があります。激しい訓練の間に、体は大麻に似た分子をつくり出します。内因性カンナビノイドといい、これらも快感回路の中でドーパミンの放出を活性化させます。

しかし、快感の追求は、わたしたちの社会的関係も左右します。なぜですか?
わたしたち個人の社会的認知は、快感回路の活性化のなかで、格別に強く作用します。最も強い動因のひとつが、金銭です。しかしこの場合も、物事は期待されているほど単純ではありません。友人とルーレットで遊ぶと仮定してみましょう。もしわたしたちが10ユーロ勝って、わたしたちの仲間が一文無しなら、わたしたちは非常に満足です。わたしたち両方が10ユーロ勝つと、先の例より少し幸福ではなくなります。もしわたしたちが10ユーロ勝って友人が100ユーロ勝つと、わたしたちが感じる感覚は、おそらくほとんど「不快」でしょう。
これは、快感がわたしたちの非常に高いレヴェルにある社会的つながりを無視できないためです。「他人のものをみだりに欲してはならない」という十戒の第十の戒めを無視して、わたしたちはいつも他人の物を欲しがり、隣人よりも多くを所有しているのを知ることに快感を感じ続けるでしょう。
しかし、これについてもうひとつ考慮すべきことがあります。進化に伴って、わたしたちの脳、特に認知的・社会的プロセスを受けもつ前頭葉は次第に大きくなりました。この領域とMFPCの間には次第により多くのつながりが形成されてきました。
これは、わたしたちが何の進化上の価値をもたない行動や状況からも快感を感じることができることを意味しています。食物や交配にのみ快感を求めるネズミと違って、人類だけが、文化的もしくは宗教的な信念から示唆を得れば、断食や禁欲から満足感を感じることができます。人間の文化がこれほど豊かで多様なのはこのためです。

いつ、そしてなぜ、快感の追求が強迫観念となるのでしょうか?
この点に関して、科学はまだそれほど多くのことを知りません。わたしたちが知っているのは、ある人間が依存症になったり強迫観念を抱くようになる原因の40%は、遺伝的なものであるということです。わたしたちはD2という、ドーパミンの受容体を見つけました。D2に変異のある個体は、ほかの個体と比べて高い確率で依存症になります。
なぜD2は進化とともに消滅しなかったのかという反論があるかもしれません。理由は簡単です。わたしたちに強迫観念を起こさせる遺伝変異は、わたしたちにより好奇心をもたせ、たやすくリスクを受け入れさせるようにもするので、成功や社会的評価の点では勝者となる可能性があります。
現代の実業界の英雄について考えてみましょう。例えばスティーブ・ジョブズは興味深い人物で、リスクを恐れませんが、疑いなく偏執的でした。そして、彼はわたしたち誰もが知っているビジネス帝国をつくり上げました。
とはいえ、わたしたちは残りの60%の原因の多くを知りません。間違いなく大きな役割を果たしているのがストレスです。生物学的レヴェルでは、ストレスホルモンが血液中、そして脳の中に入ると、生物化学的・電気的変化を引き起こして、わたしたちは快感の感覚を控えるようになるのです。

男性の前立腺という器官は刺激すると快感を感じる部分なので、射精のときはそこを精液が通過するときに摩擦で快感を感じるためだとも言われています。よって、精液が大量に溜まった状態では、一回の射精量が多く、その摩擦が最大になることから究極に気持ち良い快感を得ることができるのです。ちなみに、2回戦、3回戦と立て続けに射精すると最後は精液が出ない空撃ち状態になります。オーガズムには達していますが、気持ち良くない射精であることは誰もが経験しているのではないでしょうか?

★射精のメカニズムに関してはこちらで詳しく説明しています

 彼女をイカせよう

女性をイカせたいのなら、愛撫が重要です。とにかくゆっくりじっくり時間をかけて、女性を愛撫していきましょう。
「綺麗だよ。」「最高だよ。」とか、囁きながら愛撫をしていきます。
女性の性感帯は全身にあります。うぬじとか足の裏、背中など、常識にとらわれずに、女性の全身を丹念に愛撫して、性感帯を見つけましょう。
女性自信の花びらは、濡れるまでは絶対に愛撫をしない事です。
他の部分を愛撫して、花びらに一切手を触れずに、濡れるようにします。 花びらが濡れてきたら、いよいよ愛撫をしていきます。
基本的には、太ももから攻めていき、陰毛と太ももを往復していって、徐々にクリトリスへ近づいていく愛撫をすれば、外れることは少ないです。
太もも
 ↓
土手
 ↓
お尻の穴
 ↓
クリトリスの上側(ここではまだクリトリスは絶対に触らない。)
 ↓
会陰
 ↓
大陰唇
クリトリスの下側(ここではクリトリスには絶対に触らない。)
 ↓
小陰唇
 ↓
クリトリスへの本格愛撫

最初は、指先で触るか触らないかぐらいのフェザータッチで、愛撫します。

その後は、唇を尖らして、息を吹きかけながら、唇が触るから触らないかで、愛撫していきます。 次はいよいよ、舌先を使ったり、軽く吸ったりしながら愛撫していきます。
注意点として、クリへの愛撫です。
クリは皮はむいたほうが気持ちのよい女性と、むかないほうが気持ちよい女性がいることを覚えておいてください。
ここで女性をイカせることができたら、次はいよいよ中イキです。

女性の中の性感帯ですが、一番簡単に攻略できるのは、Gスポットです。 Gスポットを指で刺激するのも良いのですが、僕は分身の先でぐりぐりするのが好きです。 女性も、指でイクよりも男性の分身でイッた方が満足感は高くなります。
とはいえ、Gスポットの位置を確認するには、指で中を愛撫したほうが見つけやすいでしょう。 Gスポットは、クリトリスの付け根あたりの裏側あたりを探せば見つかります。 大事なことは、指を深爪にしておくことです。
男性が爪を立てないように注意しても、膣壁に爪があたってしまうものです。 その時は、女性が痛がらない場合も、セックスの後にお風呂にはいった時に染みたりします。 これは、とても女性が不安になるから、必ず深爪にしてください。
指でGスポットを見つけたら、ひたすら愛撫をします。
このとき、指先を様々な動かし方をしてください。 ピストン運運動だけでなく、指先で円をかいたり、つんつん押したり、ぐいぐいとっ深く押してみたりします。
ここで重要な事は、イッたことのない女性は、尿意を催すことです。
中には潮を吹いてしまう女性もいますので、お尻の下にタオルをひいて、「おしっこしたくなったら、我慢しなくていいよ。」 と、やさしく言ってあげてください。 もしも、どうしても心配なら、最初はお風呂場で中イキにチャレンジしてください。
不安があると女性はイキずらいのです。

女性をイカせるために、さらに追い討ちをかけます
指を動かしながら、女性が好きな、すなわちイキやすい動かし方を見つけてください。 また、この時の女性がイキやすい指の動かし方をよく覚えておいてください。
これば挿入したときの、あなたの分身の動かし方の参考にするためです。 分身を入れるときには、バックがお勧めです。ペニスは奥深くに入れるより、Gスポットを突くように動かします。 正常位の場合は、女性の腰の下に枕を入れて、Gスポットをあなたのペニスのカリ部分で愛撫しやすくします。
もちろん、これらの体位は、女性が上付きか下付きかによって変わってきます。
なお、奥が感じる女性の場合は、奥をひたすら突いてあげてください。
以上のような方法を行っていけば、、確実に女性をイカせる事ができるようになるでしょう。

★女性のオーガズムに関してはこちらで詳しく説明しています

 挿入時間の延長

カベルタを飲む事で陰茎の勃起力が増しますが、同時にペニスの感覚が鈍くなるという報告を多数いただいております。バイアグラ系のクチコミ体験談などを読まれても、感覚が鈍くなるという書き込みがあることに気付くでしょう。 この鈍くなる現象が、早漏を改善し、いつもより長い時間 挿入する事を可能にするのです。 もちろん、本格的な早漏防止効果があるわけではありませんので、気持ち、いつもより長く挿入してピストン運動できたというレベルです。これは男性から見た状況です。
一方、カベルタを飲んだ男性を相手にした女性はどう感じたのでしょうか? まず、おちんちんの大きさがいつもより一回り大きく感じ、固さも数倍硬いことに気付いたそうです。 いつもより大きく硬いペニスを挿入されると、気持ちよさはいつも以上であり、挿入時間が長かったことよりも、大きく堅いペニスが嬉しかったとそうです。

 女性が好むペニスサイズ

20歳代〜40歳代までの女性にペニスの理想のサイズをアンケート調査したところ、勃起時の長さで15cm、太さ4cmという結果がでました。平常時のサイズは特に気にならないとの事であり、勃起時にどれだけ理想のサイズに近いペニスかが重要との事です。 また、サイズだけでなく形にも理想があり、亀頭が大きく、カリがしっかりとありエラを張ったおちんちんが気持ち良いそうです。 ちなみに、一般的な男性の平均ペニスサイズは12cm〜13cmなので、世の中の女性たちは、もう一回り大きいペニスを好んでいるわけです。

★ペニスのサイズを調査した結果はこちら

これを見ると、外国人のサイズデータもあるのですが、やはり日本人は小さいです。 だから、外国人と付き合った女性は、もう日本人の男には戻れないんですね。
私の知人女性も、外人とばっかり付き合っている子がいましたっけ。。。

 カベルタでサイズアップ

カベルタを飲んでサイズアップをする事は可能ですが、あくまでも一時的な効果です。本格的なサイズアップをしたいなら、サイズアップ専用のサプリメントや医療器具を使うと良いでしょう。
日本人の平均サイズが12cmで、理想のサイズは15cm。あなたが平均サイズなら3センチアップで理想のサイズに近づくわけです。そこで3cmのサイズアップをしたいならサプリメントでも可能です。
サイズアップサプリメントの成分は、海綿体の成長を促進する成分が含まれています。この成分は思春期の頃に多く分泌されていましたが、成人になると分泌が止まるのでペニスの成長も止まってしまうんです。ですから、もう一度、海綿体の成長活動を活発化してふた回りほど大きく成長させることができるのです。
一方、平均サイズ以下の場合は、サプリメントだけでは追いつきません。そんな短小なペニスでも大きくなる可能性は十分あるのです。それは欧州で医療器具として承認されているアンドロペニスという製品です。牽引により細胞組織を刺激して長くするのです。
首長族の人たちは生まれた時から首が長いわけではありません。首にリングを付けて、常に引っ張っている状態にしているので、少しずつ首が長くなっていくんです。アンドロペニスも同じ原理で、牽引による引っ張る力を使って大きくしていきます。概ね数カ月の使用で標準サイズまで増大できる魅力的な医療器具ですが、常に装着が必要なのでちょっと面倒くさいです。
サプリや器具でサイズアップ、もう少し、と思ったらカベルタの力を借りましょう。冒頭で解説した通り、カベルタで勃起すれば、通常より多い血液の流入で、ひと回り大きくギンギンに固いペニスが得られますよ。

お客様の声

激安カベルタをご購入いただいたお客様からの口コミ情報を募集しております。効果や副作用、価格や配達、お店の対応についてなど辛口なご意見でも結構です。ぜひ、お客様の声をお聞かせ下さい。ご注文時のメールアドレス宛てにお送りいただけると幸いです。